それではすまないから

深海魚とか、大王イカとか、大好きな私です。だから、子供が生まれる前と言うのは、国立科学博物館に毎週でもいいから行きたくて、旦那さんに交渉していたのですが・・でも、中々そのタイミングが合わなかったという事と、旦那さんがあまり博物館に興味がなくて・・というかんじだったので、あまり行けずに・・と言う感じでした・・・。

でも、最近はこの大王イカが大量に水揚げされていますよね。いいな~!!なんて思っていたのですが・・でも、これが地震の前兆では?と言う風に言われているので、そんなに手放しで興奮なんてしていられないな・・と言う風になってきてしまった最近・・しかも、ここ数日前では深海にすむ大きなサメも陸揚げされたようで・・その異常な事態に漁師さんはビックリしているのだとか・・・

でも、こうやっててれびで連日こういったことをいているので、その異常さと言うのに、正直私たちもびっくりして、ビビってるわけなのですが・・・でも、実際には北の方の海ではそんなにまで珍しい、と言う現象でもないらしい・・今回水揚げされた鳥取ではじめての事だったらしいのですが・・新潟とかでは実は結構上がってるらしいのです・・・。それが話題にならないのは食べてもまずいので、特に話題にもしないで漁師さんが捨ててしまうのだとか・・・。

でも、もちろん、多少のその原因と言うのはあるらしくて、元々その巨大なイカと言うのは南の方に生息するライ氏のですが、たまに迷って日本海の方に来てしまうのだとか・・。でも、全くもってその水温と言うのも違ってくるので、冷たい海が苦手な巨大イカさんはその寒さに次第に弱って・・と言う感じらしいのです・・。成程・・でも、こうやってみんな興奮するし、しかも小さな子供にとってはなおさらなんだろうな・・・と言う風に感じるので、育成が出来るようであれば、水族館に寄与と言うも面白いかもしれない・・私はそれを見に行きたい!!(笑)